当院のご案内

消化器内科

胃や腸の消化管疾患と肝臓、膵臓、胆嚢の疾患など広い範囲の診療をしています。代表的な疾患としては、胃潰瘍、慢性胃炎、逆流性食道炎、大腸ポリープ、感染性腸炎、ウイルス性肝炎、肝硬変、膵臓炎、胆石、胆嚢炎、胆嚢ポリープなどに加えて胃癌、大腸癌、肝臓癌などの悪性疾患があげられ、これら疾患の診断および治療を行っています。 最近話題となっているピロリ菌の除菌、肝炎に対する抗ウイルス療法、インターフェロン療法等もおこなっています。
当院では、上記の外来診療は総合診療科にて行い、入院・手術治療が必要なときには外科との連携をとりながら迅速に入院、手術治療へと移行できる体制にしています。

「消化器診療」ページへ

外来診察

【担当医師】
矢島健広消化器内科部長

 

診療科トップページに戻る