当院のご案内

糖尿病内分泌科

当院外来では血糖値をコントロールし、糖尿病合併症の予防とその改善をはかると同時に、生命をも脅かす病気の早期診断に留意して診察をしています。

糖尿病治療の3本柱は、食事療法、運動療法、薬物療法です。
しかし糖尿病という病気は一生の病気です。
一病息災と考えて体を守っていこうと考えて下さい。

さらにこれまでの詳細な学術的検討から、発症数年あるいは数十年後に、どんなことが起こりやすいのかも予測可能になってきています。
このため安易な治療で目先の数字を求めず、基本をしっかり身に付けていただくと同時に、医療側も体にやさしい治療戦略を提案しています。

「糖尿病診療」ページへ

外来診察

 
午前  
午後    

【担当医師】
荻野副院長(月曜日午前、火~木曜日、土曜日午前)、 山川糖尿病・内分泌内科副部長(月曜午後)

 

診療科トップページに戻る