当院のご案内

リウマチ科

朝起きたときに手足がこわばる、はばったい症状、関節が痛い、腫れている、熱を持っている、全身が重い感じが消えない、熱が続く等の症状がみられましたら、リウマチ疾患の可能性があります。検査等の必要があり、総合内科を受診していただき、血液データ等に異常がみられましたら、専門科での治療が必要です。

関節リウマチは全身の関節に炎症が起こり、はれていたくなる病気です。現在、関節リウマチは大変良い治療法ができています。現在はできる限りの早期診断、早期治療が大切と考えられています。一方、関節リウマチは症状が進むと関節が変形してゆきます。しかし、 手遅れという言葉が当てはまる病気ではありません。リウマチの進みにより、適した治療法も決まっています。

外来診療

 
午前

(隔週)

 

 

 

午後

(隔週)

 

 

 

【担当医師】
萩野昇医師(第2・4月曜)、山口裕之医師(水曜)、李紀廉医師(金曜)

 

 

診療科トップページに戻る