当院の特徴

総合診療

玄々堂君津病院副院長、総合腎臓病センター長 大﨑 慎一

 

私たちの病院が大切にしていることは、患者さんの病気を臓器で考えるのではなく、全体としてとらえる「全人的医療」です。高度に専門化した現代の医療において、患者さん自身が適切な専門科を選択して受診することは簡単ではありません。ましてや、微妙な些細な体の変化に対してどのような診療科がふさわしいかを決めることは、我々医師であっても難しいのです。

「総合診療外来」は、医師の専門領域にとらわれずに患者さんの立場になって病気の悩みを解決しようという外来です。そしてその精神は、入院診療にも受け継がれています。

診療には外科や内科を中心として各自専門領域を持つ医師が、全人的医療の視点で皆さまの悩みの解決に加わります。日常の些細な症状でもご心配なことがあれば、なんでもご相談ください。私たちが対応できる疾患であれば検査から治療まで行います。もし専門的治療が必要な病態であると判明した時には、病院の内外を問わず、速やかに適切な専門医を手配いたします。

皆さんと一緒に悩みを解決する…、そんな外来でありたいと思っています