木更津クリニック

外来診療

受付時間
9:00~12:00 泌尿器科
内科
泌尿器科
内科
外科
内科
泌尿器科
内科
泌尿器科
内科
内科
14:00~16:00 糖尿病
内分泌
泌尿器科
内科
外科
内科
泌尿器科
内科
泌尿器科
内科
休診

担当医師

予約方法

以下の電話、ファックスにて予約を承っております。

玄々堂木更津クリニック代表電話

電話番号: 0438-41-8611
受付時間: 月~土曜 9:00~16:00

ファックス番号:0438-41-5008

 

 

泌尿器科

おしっこが出にくい、漏れる、回数が多いなどの排尿障害、血尿や検診で発見されるがん(腎臓、膀胱、前立腺)、突然の激痛におそわれる尿路結石、発熱やおしっこをするときに痛いなどの感染症(尿路、性器)が主な病気です。それぞれについて、簡単に説明しましょう。

排尿障害

歳をとればおしっこが出にくい、回数が多いなどは当たり前と考えていませんか?決してそのようなことはありません。病気だからそのような症状が出るのです。前立腺が大きくなる前立腺肥大症、女性に多い尿失禁症、おしっこががまんできないなどの過活動膀胱が代表的です。治療法は薬によるものから手術まであり、病気の程度や患者さんの希望により決めます。

がん

高齢者の方が増えるに伴い、泌尿器科のがんは非常に多くなってきています。早期発見が重要なのは他のがんと同様です。特に、腎がんや前立腺がんは、症状のないうちに検診により発見することが可能です。腎がんは、超音波検査(エコー)やCT検査でみつかります。前立腺がんは、血液検査(前立腺特異抗原、PSA)でわかり、50歳を過ぎた男性は1年に1度はPSA検査を受けるようにしましょう。腎がんや膀胱がんの治療は、手術が基本です。お腹を切る方法だけでなく、内視鏡(カメラ)を使って切除する手術法もあります。前立腺がんは、早期であれば手術・放射線・無治療経過観察があり、10年後にがんでなくなる患者さんは10人中1人未満です。例え転移がある状態で発見されても、ホルモン剤(男性ホルモンを遮断する)が有効です。

尿路結石

突然の激痛により発症し、血尿や吐き気などを伴うこともあります。決して珍しい病気でなく、日本人の15人に1人が一生のうちになるとされます。結石が存在する部位により腎結石および尿管結石と診断し、激痛を来すのは後者です。治療法は、結石の大きさや存在部位により異なります。小さな結石(1cm未満)では、薬・水分の大量摂取(決してビールではありません)・運動により体外に排出が可能です。これらの方法により結石が出ない場合には手術が必要となります。体の外から結石に衝撃波を当て、結石を粉砕し体外に排出する体外衝撃波結石破砕術(ESWL)と経尿道的に内視鏡を膀胱から尿管内に入れ、直接結石を見ながら破砕装置を用い粉砕する経尿道的尿管砕石術(TUL)です。両者ともお腹を切る手術ではなく、前者は入院がいりませんし、後者は2-3日の入院ですみます。

感染症

頻回におしっこにいきたいとかおしっこをするときに痛いなどの症状をきたします。部位により、腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎があります。女性では尿道が短いため膀胱炎や腎盂腎炎にかかりやすく、逆に男性では尿道炎が多い。治療は、水分の大量摂取と抗菌剤により3-5日以内に治ります。腎盂腎炎では、点滴による抗生物質による治療も行います。なお、7日以内に治らなければ、何か他の病気(がんや結石など)に伴ったものでないかどうか、泌尿器科的検査が必要となります。性感染症はセックスにより感染する病気で、淋菌・クラミジア・ヘルペスによるものが多い。男性では、尿道からウミがでるとか痛みを伴う尿道炎で発症します。治療は薬(抗生物質)により治りますが、将来的に尿道が狭くなるなどの合併症を生じることもあります。

 

糖尿病・内分泌

診療日:月曜日午後(完全予約制)

糖尿病・内分泌

糖尿病(1型・2型・境界型)および甲状腺疾患の診療をおこなってます。

病気の詳細については玄々堂君津病院の糖尿病診療のページをご覧ください。

「糖尿病診療」ページへ

糖尿病診療については、専門医の診療だけでなく、管理栄養士による栄養指導やフットケア専門看護師による足や爪のケア、薬剤師による薬剤指導など、病気の治療から合併症の予防までチームで取り組んでいます。また、定期的に糖尿病教室も開催しています。

 

内科 外科 健康診断

地域医療の一環として、内科・外科の診療の他、健康診断 予防接種(インフルエンザ・肺炎球菌)も行っています。

内科では高血圧症 高脂血症などの生活習慣病や保存期腎疾患(慢性腎不全)の診療を行い、管理栄養士による栄養指導もおこなっています。

血液検査・尿検査・心電図(12誘導、24時間心電図)・超音波検査・CT検査は院内で行い、直ちに結果がわかるようになっています。さらに、CT検査などのレントゲン検査では、リアルタイムに放射線読影専門医の診断が可能な体制をとっています